歩くことが大好きな人のための情報サイト! 九州中の歩く情報満載!

九州を歩こう!
  • フットパス大学
  • フットパス講師
  • フットパス大学卒業生
  • メディア情報
Menu


TOP > 歩く事による健康への効果


歩く事による健康への効果


厚生労働省が国の方針として歩くことを推奨しています。

▼以下厚生労働省WEBサイトより抜粋

 身体活動量が多い者や、運動をよく行っている者は、総死亡、虚血性心疾患、高血圧、糖尿病、肥満、骨粗鬆症、結腸がんなどの罹患率や死亡率が低いこと、また、身体活動や運動が、メンタルヘルスや生活の質の改善に効果をもたらすことが認められている。更に高齢者においても歩行など日常生活における身体活動が、寝たきりや死亡を減少させる効果のあることが示されている1,2,4,5)。

 生活習慣病の予防などの効果は、身体活動量(「身体活動の強さ」×「行った時間」の合計)の増加に従って上昇する3)。長期的には10分程度の歩行を1日に数回行なう程度でも健康上の効果が期待できる。家事、庭仕事、通勤のための歩行などの日常生活活動、余暇に行なう趣味・レジャー活動や運動・スポーツなど、全ての身体活動が健康に欠かせないものと考えられるようになっている。

 我が国においては、身体活動・運動についての長期にわたる時系列的な調査は少ないが、家事や仕事の自動化、交通手段の発達により身体活動量が低下してきたことは明らかであり、食生活の変化とともに、近年の生活習慣病増加の一因となっている。

 身体活動や運動の健康に対する効果についての知識は国民の間に普及しつつあるものの、運動を実際に行っている者の割合は少ない。多くの人が無理なく日常生活の中で運動を実施する方法の提供や環境をつくることが求められる。


出典:厚生労働省ホームページ (http://www1.mhlw.go.jp/topics/kenko21_11/b2.html

  • 九州を歩こう!WEBショッピング
  • フッタパス出前講座
  • 歩くことによる健康への効果
  • フットパス活用事例